Photoshop CC 2014で画像を切り抜き、Illustrator CC 2014でリンク配置すると切り抜かれない現象

2015年 1月11日

広報誌を作る上で、IllustratorとPhotoshopを云ったり来たりするのだが、今までのバージョンだったら難なく出来たことが、CC 2014にバージョンアップした途端、出来なくなることが多々ある。

その現象のひとつがコレ。

Photoshop上で画像を開き、先ずパスを切る。
パスを保存した後、クリッピングパスの設定をして、通常通りjpgでデータを別名保存し、それをIllustratorでリンク配置をする。

普段なら普通に切り抜かれた状態でIllustrator上で配置出来るのが、何故かどうにも出来ない。
何度試しても無理だった。

結局、回避した方法は、jpgではなくEPS保存をしたのだが、EPS保存する時の設定はTIFF(8bit/pixcel)でJPG最高画質(低圧縮率)で保存すればIllustratorで配置した時、切り抜かれた状態になる「はず」なのだが、今回はそれでもダメだった。

現状時間がないので原因追及が出来なかったが、最終的な回避方法はEPS保存した画像データを、Photoshop CS3で開き、別名保存し直したら問題なく切り抜きでIllustratorに配置が出来た。

この原因はなんだろうか…。

次に同様な現象が起きた時のために、自分用にメモ。

11:25 カテゴリー:Macintosh's Diary



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031