戸隠蕎麦弾丸ツアー@2014

2015年 1月1日

以前は良く行っていたのだが、Rayがカートをやり始めてからは、年末の戸隠蕎麦&スキー良好がカートに変わってしまい(苦笑)ここの所ずっと戸隠に行くことが出来なかったのだが、今年は絶対に行きたい! と前々からダンナが話していた。

年末年始、私の仕事はかき入れ時で人手不足。
今回は、ダンナの実家に帰省もしないかわりに年末年始もガッツリ仕事に行く…と云うことで、1日だけ職場からお休みをもぎ取った(笑)ので、戸隠に行くことにした。

前回行ったのはこの時。遡って見たら5年も前だった。
まだKayたんが2歳になり立てぐらいの頃だったので、当然、Kayは覚えていない。
前回行った時は、善光寺が改修中で、暫くかかる…と看板にあったが、無事改修工事も終わっているだろう…色々と楽しみだ。


家を出たのが何時だったかな? 5時ぐらいには出たのだろうか? 走行中9時前に12SRが5000kmを迎える。


10時前に戸隠の入口にあるダム? に到着。
カッチン濃っチンに凍っている。


毎回ルートは大体決まっていて、先ずは戸隠奥社へ向かうのだが、道路も今年は積雪量が多いので12SRで雪道を走るのは面白い。


「そばの実」
お店は11時からだが到着したのは10時半。
お店の人がまだ除雪してない時間帯だったので、「そばの実」の看板が雪で見えない。
これでも朝、一度除雪した後…とのこと。
一日に何度も除雪しない今年はダメだよ〜って話していた。
ご厚意でオープン前なのに、待合室に通してくれて、ストープを焚いてくれる。
有り難い。
だが、ダンナと子どもたちは外でキャーキャー遊んでいた(爆)



スキー用の手袋持って来れば良かった〜、と手を真っ赤にしながら雪合戦や雪だるまなど作ったりしていたRayとKayたん。


11時オープンになったので、お店へ。
お通しの蕎麦の揚げ物。


お蕎麦が出来上がるのを待つ。
お店から外を覗くとしんしんと雪が降り続けている。


ざるそば。
やっぱり戸隠に来たんだったらざるそばを食べないとね。
ってことが、これからもお蕎麦の画像は全てざるそばになります(笑)


そばの実を後にして、戸隠の中社へ。


中社にある老舗の「うずら家」
流石に老舗とガイドマップに記載されている関係か、外国人のお客が多かった(笑)


お通しの野沢菜と蕎麦茶。


ここは、生わさびを出してくれるので、待っている間、自分たちでわさびをおろすのだ。


生わさびで食べるとまた味が変わる。


はい、次「山口屋」
ここには水車があるんだよね〜。


お通し。




次は「千成」
ここは、初めて戸隠蕎麦を食べにきた時、先ず最初に「そばの実」に立ち寄って、その次にふらりと入ったお店。


お店の敷地内に蔵があるのだが、見えないぐらいの雪の山(笑)


お通し。
お蕎麦の揚げ団子が付いていた。
美味しかった〜♪


そろそろ満腹になり始めてきました(笑)


そして毎年必ず「紅葉」のお店の前でクルマと一緒に記念撮影しているのだが、今回は定位置にご近所のクルマが停まっていて同じアングルでは撮影出来ず…残念。
「紅葉」は夫婦二人でやっている大衆食堂的な感覚のお店。
こぢんまりとしていて、いつもここでは、お土産用のお蕎麦を買いに来るのだが、久々に来てみたら、お孫さんがお手伝いしていた(笑)

最初の頃に通っていた(笑)「山笑」はここ数年行けてない。
ここ数年は年越しそばを作るため年末はお店を閉めているからだ。
今回も事前にメールで確認したが、お休みだった…(苦笑)

ここから戸隠山を下り、長野市内の善光寺へ向かう。

善光寺近くにある「山城屋」
ずっと前から行きたいと話していたのだが、中々行くことが出来ずに行ったら、もうお蕎麦が終わっちゃっていた(苦笑)


ってことでその近くにあった「尾張屋」へ。
ここは都内とかにある普通のお蕎麦屋さんって感じ。


ざるの盛り方も戸隠とは違って、至って普通。


改修後の善光寺。


「頭が良くなりますように〜」(爆)



おやきも食べて、おやきや野沢菜をお土産に買って帰宅。

そして帰宅後も、お土産で買ってきた戸隠蕎麦を食べる(爆)

また来年も行きたいな〜♪

1:23 カテゴリー:82's



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930