ソチ五輪

2014年 2月25日

全てを見た訳ではないけど、ほぼ見ていた。
初日前?(笑)から始まった今回から初のフィギュア団体戦は、羽生選手が素晴らしかったし、日本は団体戦ではチームワークが凄いとと云うか絆が強いなって改めて思った。
真央は練習ではかなり調子が良かったみたいだし、いけるかなって思ったけど、悪くない状態で繋げられたのでは…と思う。
元々個人戦なのを団体戦にする訳だから、それはそれで調整も難しいと思う。
個人戦なら自分一人だけの責任でいいけど、団体戦はみんなに迷惑がかかっちゃうから、そういうプレッシャーとの戦いもあったはずだ…。

五輪でだけではないけど、ソチでも様々な涙するようなエピソードが沢山あった。
スキーの板が折れちゃったけど必死で走り続けている選手に敵である国のコーチが、自分のチームの予備板を差し出してゴールまでさせてあげたことは感動的だった。
そのコーチが、以前自分が選手だった時に、同じように敵のチームの人が板を差し出してくれたことがあって感動したから、これは当然のことだと話していたのを見て泣きそうに…(笑)

上村愛子が、ジリジリと五輪に出る度に順位を上げてきて、これで最後って話していたし、銅メダルを取らせてあげたかったけど、世界は厳しい。
でも、悔しいだろうけど、晴れ晴れした笑顔で「やりきった」と話していた彼女はこちらまで清々しい気持ちにさせてくれたし、スキージャンプのレジェンド葛西の苦悩人生、そしてここまで頑張ってきたからこその銀メダル。
銀を獲った時は笑顔だったけど、団体戦で獲った銅メダルの時は涙していた。
「団体戦のみんなにメダルを獲らせてあげたかった」と話していた葛西はレジェンドと云われるだけはあると思う。
こういう配慮が出来る人は人間が大きい。

一番楽しみにしていたフィギュアの個人戦だが、男子SPで、羽生が史上最高の101点越えをした時は鳥肌ものだった。
今、多分彼は世界で一番脂が乗っている時なんではないだろうか。
だが、まだ19歳、これからまだまだ伸びる選手だと思うと楽しみだ。
FPでは4回転を失敗したけど、それでも日本で唯一の金メダルを獲ったのは素晴らしかった。
高橋大輔も怪我に泣かされて調整が難しかっただろうけど頑張ったと思うし、まだ滑られると思うので、これで引退はして欲しくないなぁ…(苦笑)
町田樹のインタビューは独特の節があって面白い(笑)
エキシビションのエアギターは最高に楽しかった(笑)

でも、何よりこのソチ五輪で、一番だと思えるのは、真央のFPだ。
世界中が大絶賛したこのFP。
誰もが、金メダル以上の滑りだと認めたと思う。

SPでは、16位って信じられないスタートで、トップとは20点も差がある。
本人も滑り終わった後のインタビューではまだ放心状態で、気持ちの整理もまだ全くついていない状態だと話していたけど、この段階でもうメダルは確実に獲れないと云うことは自負していたであろう、FPでは、精一杯、今まで応援してくれた全ての人に恩返し出来たら…と話していた。

たった一日で自分の精神状態を立て直した、その強さを誰もが実感したに違いない。
史上初めて6種類の3回転ジャンプを飛んだ。
当時は全て成功と話していたけど、今色々記事を見てみると回転不足を取られたジャンプもあったようだ。
それでも、今までフィギュア女子選手で飛んだ人は居ない。
トリブルアクセルを飛べる選手が今は真央しかいないからだが、この挑戦は、あのSPの翌日にする、そしてそれを成功させたと云うその精神力が素晴らしかった。
もう息の詰まる4分間だった。
ラフマニノフが更に悲観的に感じてしまうと、滑り出す直前までは思っていたけど、改めていい曲だなって思える程だった。
トリブルアクセルが成功して、6種類全てのジャンプを飛んで、8回3回転のジャンプを飛んだ。
評価は自己ベストを更新したけど、上位2人より低い採点はちょっと変だろって思った。
キムヨナの方が点数が高いって可笑しい(苦笑)
ミスはなかったかもしれないけど、ジャンプだってそんなに飛んでいないし、表現力だけで140点を軽く超えるって、どうなんだろう…。
疑問は残る。

滑り終わった瞬間、感極まって涙を堪えるような真央の顔が忘れられない。

それと、滑り出す直前に会場から「真央ちゃん頑張って!!!」と声がかけられていたのは良く響いていたから印象が強かったが、アレって羽生選手が声をかけたんだってね(笑)
高橋大輔も、滑り終わった真央を見て涙していたし、世界中の誰もが感動したに違いない。

閉会式でロシアの有名ピアニストが、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」と前回バンクーバー五輪のSPで演じたハチャトリアンの「仮面舞踏会」を弾いたのは偶然なのだろうか…。
無冠だった真央のために…と云う内容の記事も沢山出ている。
そうだったらいいな…。

キムヨナには勝てなかったかもしれないけど、まだまだ若い。
SPの結果だけだったら、もう真央は引退するな…と思えてしまったけど、あのFPの演技をみてしまった後だと「ここで引退するのは勿体ない! まだまだ真央は伸びる選手だから、フィギュアを続けて欲しい」と思えて仕方がならない。

今はまだ先のことは考えられない。
兎に角3月の世界選手権は出場する…と話しているけど、その時の滑りで真央のフィギュアスケート人生がどうなるのか、判断材料となるに違いない。

7:55 カテゴリー:82's



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930