MTBの泥よけ

2013年 1月19日

仕事に通うことになった時、MTBを新調したのだが、近所の大きなサイクルショップのチェーン店で購入した時、そこに売っていたプラスチックの泥よけをフロントとリヤに装着。

唯、それは、プラスチックなのと、後付けと云うこともあり、フロントは違和感ないのだが、リヤは結構緩くなったり曲がったり…。
まぁMTBに普通は泥よけを付けたりしないものなのかな…と思いながらもそれで今まで使用してきたのだが、職場の従業員専用の駐輪場は完全に建物の影に入っているので、陽に当たることはないのに、購入して半年ちょっとで、リヤの泥よけの装着している部分が劣化して罅が入り、今日の帰りにリヤタイヤに引っかかり厭だなって思って後ろを走りながら確認した途端、横に向きが変わった状態のまま、電信柱に引っかかり、バキッともの凄い音を立てながら遙か彼方(爆)へ吹っ飛んで行ってしまった(爆)

いやー、もう飛んで行く放物線を長めながらそれを拾いに行く気力はなかったわ(爆)

でも仕事には普段も通っているので、泥よけがないと、アウターの背中側が泥で酷いことになってしまうので必須。
だけど、また同じものを買っても、日陰の駐輪場に停めていても劣化するのであれば、プラスチック製は買いたくない…

とあれこれ検索して購入に踏み切ったのがコレ。

これならまぁ劣化で割れ飛ぶことはなさそうだ(爆)

23:33 カテゴリー:82's



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2018年1月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031