2009 SUPER GT Rd.7@FUJI

2009年 9月14日

毎年恒例になっていたSUPER GT@FUJIでの観戦だが、今年はKayが産まれて流石にキャンプはちょっと難しいだろう…と思っていたので行くにしても決勝だけ日帰りなら…と考えてはいた。

だが、GWに毎年行われる富士の日にちが丁度GWの半ば。
今年はお盆が少なめなので、GWにもダンナの兄家族が帰省することになっていたので、GWは帰省すると云う話になってしまった。
私は正直、自分の実家でもないし、適地(爆)な訳だし、Kayを連れて行くのは正直大変だから、何も盆暮れ以外に帰省しなくても…と思っていたが、結局、Rayも最近では唯一の従姉弟たちと遊ぶのにはあまりにも青森は遠く中々会えないため、結局GWの富士は断念し、9月の富士は行こうと云う話をしていた。

だが、9月富士の翌週はシルバーウィーク。
また実家に帰省するかも…と云う話だったのだが、ダンナ兄がどうしても仕事で連休中の出社が免れないため、帰省出来ないとのことだったので、正直助かった。

尤も、27日APGでレースがあり、レース1週間前であるシルバーウィークに埼玉に帰省していたら1日でも練習に行くのが厳しくなってしまうし、11月にラーのレースでどのみちまた実家で泊めて貰うので、SUPER GTを最優先にした。

9月の富士は朝はかなり冷え込むし、それでキャンプして2日間はちょっとまだKayを連れて行くのはしんどい…と思ったので、2日行くにもどこかに宿を取るしかないかと思っていたのだが、APGのレースでは御殿場に前泊しなければならないので、これ以上の出費は抑えたいと思い、予選日に行われるキッズウォークを今年は初めて断念した。

去年妊婦で走ることが出来なかったのだが、ダンナとRayとで走って一番奥にあるNISMOのブースに着いた時、既にサインを貰うにはギリギリの状態。

大体キッズウォークなのに、なんで如何にもRQ目当てのカメラ小僧がいっぱい居てサインを貰っているのか腑に落ちなかった。

子供のためのピットウォークなのに、子供が全然優先されない…。

昔はキッズウォークでも整理券を配っていたので、それがなければ入れないことになっていたのに、ここ数年はそういう手間も大変だと思ったのかなくなってしまい、集団に紛れて子供の居ない大人が一緒に入って好き勝手に行動をしている人が多く、結構腹ただしいと去年は思ったのだが、それが少しは改訂されたようで、今年は整理券を配布すると共に、子供一人に対し親2人までの入場と云う一応規制が出来たらしい。
これにより、少なくともRQ狙いのカメラ小僧が単独で入場出来ることは防げそうだった。

だが、予選の天候は曇りのち雨。

キッズウォークはスーパーラップが終わった後から行われるため、確実に雨の予感。

やはり寒い雨の中、長時間待って並んで行くのは今年は厳しいので、泣く泣く予選は諦めた。

決勝日は晴れる予報だが、夜遅くまで雨は降っていたのでちょっと心配に…(苦笑)

当初は、3時頃起きて出発する予定だったが、それだと流石に遅いだろ…とダンナが云うので、寝ずに行って向こうで仮眠を摂ることに。

と云ってもエルグのフロントガラスは割れてしまってとてもじゃないけど、この状態で高速は怖くて走れないのでレンタカー。
結局、出費は嵩んだのだが、致し方がない…。

レンタカーは出来るだけ遅い時間に予約を取ったのだが、このご時世だからなのか、マイカーを手放し必要な時だけレンタカーを借りる人がかなり増えているらしく、マーチクラスの車が全て満車状態で全く借りることも出来なかった(まぁ予約入れたのが金曜のお昼なんだけど)既にシルバーウィークは全滅で、一体どれぐらい前から予約しないとレンタカーが借りられないのか…と思ってしまったよ(苦笑)

仕方なくその上のクラスの禁煙車が辛うじて残っていたので借りられたのだが、カローラフィーダー…(苦笑)

SUPER GTにカローラで行くとは想像もしていなかったよ(苦笑)

22時に引き取り予約をしたので、22時過ぎには取りに行き、お風呂に入って準備をしたていたらダンナがウトウト仕始めた。

もうやっぱり3時頃の出発でもいいか…と思ったのだが、Kayは全く寝る気配がないし、だったらやっぱり今行った方がいいだろう…と2時15分頃出発。

そのままノンストップで走り富士には3時半頃到着した。

駐車場をドコにするか悩んだが、今年はKayが居る分、荷物も増えたので、シャトルバス乗り場が近い所がいい…と結局、カート場になる駐車場に決めた。

そこで仮眠を摂るも、やはりカローラ、当然ながら寝心地悪い。

狭いしね。

尤も家のエルグでも寝心地は良くないんだけどさ(3rdシートが出せないから…)

Rayは久々のGTで興奮しているのか、フリー走行が始まった8時頃には既に元気に駐車場を探検し、つまらないから早くメインスタンドに行こうとブーブー。

今年はGTで買いたいミニカーのためにずっとお小遣いを貯めて使うのを我慢していたので、確り3000円を持って来たから、速くミニカーを買いたいのだ。

と云うことで、メインスタンドに移動した。

最初に日産応援団席に行って、タトゥシールを貼って貰った。
「顔に日焼け止め塗った?」とお姉さん。
いや、もう充分焦げているから大丈夫です、なんて云ったけど、帰宅後お風呂で落としたら確り四角く日焼けしちゃっていた(爆)

ま、これも記念ってことで(爆)

メインスタンドに展示されていた、新しく発売したELGLAND Highwey Star HPSのNISMOカラーバージョン。

これって実は全てカッティングシートなのね。
赤は塗装されていたかと思ったよ。

聞いた話だと、塗装してもいいけど、赤で塗装となると消防車の色とかになっちゃうとか?(笑)
まぁ塗装はチームカラーで出来なくはないけど、カッティングシートだと剥がせば元通りになるが、塗装すると元には戻らないし、塗装の方がお金がかかるんだよねぇ…って話。

家のエルグHPSも頑張ればチームカラーに出来るかも?(爆)

ここから先のメインスタンド側の広場では、もうRayがミニカー物色のためあちこちフラフラ。

いちいち付いていって待っているのも大変なので、Rayには何かあったら携帯に電話してね、と別行動をすることにした。

もう2年生だし、流石に知らない人に付いていくことはないだろう…と(爆)

その頃、ダンナと私(とKay)はNISMOブースへ。
ここにAUTECHのエージェント(爆)鯖オさんが居るはず…とある目印を確認して挨拶!

とあるものを見せるとオリジナルグッズを頂けるのだが鯖オさんに
「あ、見せなくても82家は分かってますから」
と拒否された(爆)
いや、出すの面倒だったから大変助かりました(爆)

既に古い付き合いなので、AUTECHの方には顔パス状態です(って別に優遇されている訳じゃないですよ? w)

Rayから電話がありNISMOブース前で合流。
EBBROブースで14日発売のミニカーが限定で発売しているかもって話を入手したので早速向かったが、既に完売だった。
やっぱりそういうのは早いねぇ…(苦笑)

Rayは結局、あちこち物色したものの、2000円でBPの32GT-Rを購入していた。
そこで購入するとおまけが貰えるとのことだったのだが、何とおまけが32GT-Rの白とシルバー。
1台買ったのに2台もおまけが付いてきた(爆)
しかも、白の方は家にあるのがミラーが折れてしまっていたので、ダンナがRayに「白いのパパに頂戴」とお強請りしていた(爆)

シルバーはRayが箱から出して遊んでいたが、BPの方は今では入手困難なものだし精巧に作られているものだから、箱から出さずに飾っておいた方がいい…と説得。

去年だと一昨年も結局、箱から出してウィングだかアンテナだかをおって怒られていたんだよね…(苦笑)

と云うことで、今年はちゃんと玄関に飾ってあります(笑)

応援団席に戻ってみると団員のみなさんが働いていて、ウェーブは何時からします! とか、兎に角盛り上げるために沢山尽力を尽くしてくれていた。

いよいよグリッドウォークのため1号が出てきた。

応援団席でもスタート前にNISSSAN旗を配ってくれた。
今年は持って行くのを忘れて現地に着いてからそれに気が付いたのだが、配って貰えて良かったよ。

Kayは旗がかなり気に入ったようで、暫く旗を振って遊んでいた。

応援グッズのミニメガホンを子供たちにプレゼントするから集まって〜、と団長さんから声がかかる。
だが想像以上に子供が集まり結局、ジャンケンで決めることに。
Rayはこういう時のジャンケンには弱い(爆)

結局負けて手ぶらで戻って来た(笑)

ウェ〜ブ!
グラスタの一番奥は真っ赤に染まっていた。

AUTECHのRQ、宇田ゆきちゃんが1号のプレートを持ってグリッドスタンバイ。

実ちゃんもSUPER GT旗を持って登場。

実ちゃんはAUTECHのRQを長くしてくれていたので、やっぱり愛着がある(笑)
なので日産応援団席に一番近くで旗持ちだったので、団長さんに小さく手を振ったりしていた(笑)

いよいよ1号がグリッドに付くためホームストレートを走ってきた。

運転していたのは先に走る本山選手。
車から降りた瞬間、直ぐに応援団席に向かって手を振ってきた。
こういうサービス精神はスバラシイ!

今年も7戦目に入ると色々とスポンサーステッカーも増えていることに気が付く…。

グリッドウォークが始まった。
年々撤去する時間が押してきているため、どんどんグリッドウォークの時間が短くなっているのは気のせい?
今日なんかたったの10分だったよ。

それでも、終了時間になっても中々カメラ小僧とかが撤収しないから、アナウンスで注意が入る始末…(苦笑)

星野監督。

BENちゃんことブノワ選手。
前回はゴニョゴニョ(爆)事情で走れなかったため、マイケルがヨーロッパから戻ってきて参戦だったけど、お休みした分、今日は全開で走ってね〜♪

日産応援団席は真っ赤に染まっていた。

ブログに載せる用に日産応援団席を写メする実ちゃんを更に撮ってみた(爆)

長谷見監督。

鈴木監督。
何故か礼儀正しく一礼して行った(笑)

一樹選手と某Y田(爆)
ダンナ、全く気付かなかった(爆)
(危うく撮りそびれる所だった)

グリッドウォークはこんな状況。

さぁ、いよいよスタートが近づいてきたので、応援団は喝を入れるためのかけ声ですよ!
中心にはFCJに参戦中の彰悟君も居ました(笑)
(Rayは彰悟君と話をしたらしいのだが、私は結局時間がなくて彰悟君と話せなかったよ…w)

近藤監督と荒選手。
ど…
どうしたんだ、近藤監督!

どうやらトライアスロンで自転車から落ちて肩を痛めたらしい…。
お大事に。

一般人に混じってニコニコのBENちゃん(笑)

今回の国歌独唱はDo As Infinityの伴ちゃんだった。
有名所が歌うのは久々?

伴ちゃん、緊張していたのか音を外してしまったが、やはり声はいいねぇ…。
Do Asを生で初めて聞いたのがGTでの国歌とは…(笑)

スタート直前。
BENちゃんとメカニックが円陣を組んでハイタッチを交わしていた。
最後にドライバーズシート内の本山選手とも交わす。

TVカメラマンはスタートの瞬間を捉えるため、かなり命がけなのでした。
絶対怖いって、コレ。

ローリングスタートからシグナル点灯し…

(GIFアニメなので動かない場合はリロードを)
スタート!

36号に抜かれそうな勢い…(苦笑)

1コーナーでクラッシュがありそれに巻き込まれたトップのエプソンがスピン…。


フロントタイヤがバースト? したかでオープニングラップで戻って来たカルソニック…。

一端ガレージに入ったが、再びコースに戻って完走した。

3番手に転落した1号をもの凄い追い上げで追ってくる24号。

その頃…
ダンナとRayはNISMOブースへ。
club NISMOメンバー抽選のパネルポスターに当たっているかどうかの確認に行ったのだが、その途中で確り実ちゃんを撮っていた(笑)


やっぱり実ちゃんは可愛いなぁ(笑)

デカウイング(爆)

1号ピットイン。
毎回、NISMOのメカニックの仕事はテキパキしていてピットインの時間が短いのだが、この日も抜群の速さだった。

いい所まで走っていた24号だが、荒選手に代わって早々、コース途中でストップ。
ボンネットの一部が捲れ上がってしまっていた。
それ以外にも何か不具合がないか、車から降りてフロントの下回りなど確認していたが、大丈夫だったみたい。
ピットンして捲れ上がった所がガムテで応急処置して再びコースに戻っていった。

後半、BENちゃん、頑張った。

ジリジリと前を走る36号を追う1号。

Kayも途中はずっと走るGTカーに釘付けだったっす(笑)

残り2周と云う所で、BENちゃんがかなり頑張ってとうとうペトロナスを捉えて追い抜いた。
それからの2周はハラハラドキドキ。

そのまま死守して2位でチェッカーを受けた。

チェッカー直後に応援団席に向かって手を振る本山選手。

500クラスも凄かったのだが、300クラスも凄い盛り上がりだった。

ポールポジションからスタートしたDAISHIN Ferrariだが、途中順位を落とすものの何とか1位を奪取。

だけどラスト1周最終コーナー前で、後続車に抜かれてしまう。

えーっ、ここで抜かれるの?

とグラスタは怒濤の声が(笑)

いやいや、青木さん、諦めませんよ。
最終コーナーで仕掛けて、サイドバイサイドで最終コーナーを立ち上がり一歩も引かず。

頭少し出した状態でチェッカーを受けて優勝をもぎ取った。

いやー、その時の歓声は、1号が2位を奪取した時と同じぐらい大きかった!

久々に生で見たGTだったが、やっぱりGTは面白い。


帰宅して、本山選手のブログを読んで初めて知ったのだが、今回の第7戦でもGT-Rは更に性能調整が。
その理由が「GT-Rが勝ち続けているから」って理由だけで、GT-R以外のSCとNSXのエンジン性能を上げるってことだったらしい。

ARTA NSXは2番グリッドを取っていたのだが、エンジンを載せ替えたので、規定通り10番グリッド降格で12番グリッドからのスタートだったが、エンジンを載せ替えた上に、エンジンの性能が上がっているんだから優勝しても当然って云っても過言ではないのでは?(苦笑)

本山選手も、チームやメカニック、ドライバー、開発者、全ての人が頑張って努力した結果であって、車だけが特出している訳ではないのに、と納得していない様子だった。

だが、36号を抑えて2位でチェッカーを受けたことは大きい。

シリーズチャンピオン2連覇も見えてきた今、残りの2戦は見逃せない。

特に最終戦は、ウエイトハンデをノーハンデにしてガチンコ勝負となる規定になったので、楽しみだ。


帰り、ホントは表彰台まで見たかったが、渋滞を考えると直ぐに富士からは出たかったので、チェッカーとほぼ同時に荷造り完了。
直ぐにグラスタを後にした。

駐車場までは歩いて行った方が早いので歩いていたのだが、1コーナーに向かっていた時、ゲートが開いてスタッフが「表彰式に是非参加してください。参加する方はここから入場してください」と誘導していた。
こんな所から入っていたのか〜、と初めて知った(爆)

かなり惹かれたが、参加していたら益々渋滞が酷くなることは分かっていたので、泣く泣く駐車場へ。

16時20分頃には富士から出られたのだが、東名は既に大井松田から町田まで30kmの渋滞(苦笑)

結局、悩んで中井で降りて下道→横新→3Kルートで19時半過ぎに帰宅。

朝は寒かったのに、日中はもの凄いピーカンで雲ひとつ無く(苦笑)日焼けと暑さで熱中症になりそうだった(苦笑)

いやー、グラスタは暑くて熱かったですよ!(笑)

15:32 カテゴリー:Car's Diary


コメント(2)
  1. 2009年9月15日 22:39 xanavi_haha Says:

    当日はKRPのため、鈴鹿でケータイでチェック。。。
    のつもりが、レースで波乱ばかりでも〜〜チェックどころではありませんでした(>0<)
    あ〜〜〜富士!行きたかった〜〜〜!
    めっちゃ盛り上がってますやん!

    鈴鹿からもどり、予選のビデオだけは見ましたが、
    1号車なんとかトップ死守でよかったよぉ〜〜〜!!
    今回の性能調整も聞いていたし、レクサス勢やNSX勢はパワーUPと聞いていたので・・・

    よかったよかった・・・

  2. 2009年9月15日 23:21 82 Says:

    >xanavi_hahaさん
    そーそー、鈴鹿で頑張っていることは分かっていたので、携帯で速報でも…と思っていたのに、あまりに展開が凄すぎて(爆)メールを送る余裕がありませんでした(爆)
    結果は気になっていたでしょうが、あれは実際録画したのを見た方がいいかも…と云う気持ちも、あったりなかったり…(笑)

    しかし、ホント久々に熱いレースでしたよ!

    いつか一緒に観戦したいですね〜♪

    残りの2戦はTV観戦ですが、見逃せませんね。
    TVの前でギャギャー云いながら見ていると思います(爆)


(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2019年11月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930