苦手なものを克服するにはどうすれば…

2014年 9月15日

仕事の話。
私はミシンが苦手です。
と云うのも、家には私が生まれる前からある超古い足踏みミシンしかなく(しかも未だ現役なとこが凄いw)それで練習するしかなかったからなのと、その足踏みミシン、結構癖があり、直ぐ空回りしちゃ下糸と上糸が絡まっちゃう…と云うことが多発。←ま、ようは私がヘタだから直ぐ絡まるってことなんだろうけども…(苦笑)

小学校時代、大阪の小学校で家庭科でミシンの練習をしたけど、当時は電動ミシンは1台しかなく、試しに使う…電動はこういう使い方…程度しか習わず、基本はみんな足踏みミシンで雑巾を縫ったり、鞄やエプロンを作ったり…と云うレベル。

中学ではミシンは電動になってしまったので正直足踏みミシンは本当に嫌い。
そもそも中学時代はあまり家庭科の記憶がない…。
高校では色々な縫い方のテストがありさらしに全ての縫い方を縫って見本帳みたいなものを作ったものは未だに手元にあるが、ミシカはやはり電動だったのと、作法の授業があり、作法で浴衣を反物から型紙を取り手縫いで作り、最後を夏休みの宿題として完成させて提出をする…と云うこともやった。
(合格点を貰え確り単位も取れたが、オカンは納得が行かなかったようで、戻って来た浴衣を全て解いて縫い直していたけどね…)

家には電動のミシンがない。
そもそも、若かった頃、親が裁縫関係の仕事に就いていたのでミシンはお手の物。
子供の頃の拭くの殆どはオカンの手作りを着ていたぐらい、裁縫は母の得意分野だったので、子供が幼稚園に入園をして、色々作らなければならないものが出来ても、生地とサイズを提示して、オカンに「よろしく〜」と預けて作って貰っていた。
雑巾も同様でボロくなってきたら「雑巾作って〜」と連絡入れれば次に会った時には出来上がっている状態なので、ミシンがなくても全く困らない生活を送ってきた。
恐らく、今後もミシンが家になくても全く困らない生活を送るとは思う。

だが、バイトで仕事を始め、そこでは色々な業務があるのだが、裾上げと云う業務もあるのだ。

今までずっと避けて通ってきたけども(爆)
OJTを受けたのが2月。
それもなんの前触れもなく、いつも通り出勤したら、自分のその日の業務にいきなに「OJT」と入っていた…_| ̄|○

2時間程度で教えて貰っても、結局直ぐ何度も反復しないと覚えられない。
ミシンの使い方も正直今では分からないに等しい。

そして、当然の如く業務用の足踏みミシンなので、スピードが速いし色々と注意しなければならないことが多すぎる。
そもそも足踏みミシンは子供の頃からトラウマに近い状態なので、どうせなら通りたくない道だった。
正直、ミシンが好きで得意な人がやってくれればいいでしょう…
苦手で下手な自分が入ってもミスするだけだ…とも思っていたし。

唯、私のOJT担当してくれた人が「ミシン使わないままでいるんだったら、昇進出来ないけどそれでいいの?」と。
正直、単にバイトだし、準社員や社員だったら出来なかったら問題で、絶対やらなければならないだろうけど、バイトなんだし得手不得手を各々でやって補えればいいのでは…と思ったりもしているのが本音…(苦笑)

で、実際2月下旬にOJTを受けて、上がりの残り15分を利用してミシンの練習をドンドンして、縫い目の合格が貰えたらミシンデビューしてくれ…と云われてきたのだが、その頃上がりの15分が殆ど指示を出されて使えず。
今までの間でも2回しかミシン練習をしていない。

ボスにも何度かの面談で「腹を括ってやる! と自分で気持ちを決めれば出来るようになるんや!」と何度も云われているけども、ミシンはねぇ…本当に苦手なんだよぅ…(苦笑)

一緒にOJT受けたMさんも結局全く練習をしていない、と話していた。

GW前後までは繁忙期で、ミシン練習している時間が取れない。
夏前から夏休み明けの、10月頭ぐらいまでの間が練習するチャンスだったのは分かっていた。
だが、結局、業務を振られミシン練習する時間はない。
そもそも、15分しかない時間だと、上がりの3分ぐらい前には少なくとも縫いを終了して、ミシンを元に戻して退勤しなければならないから10分程度の時間しか練習が出来ない。
その上、次の業務担当の人が引き継ぎに遅れて来ることも多々あり、その間自分が残って業務を続けることになるので、大体10分ぐらいしか退勤までの時間が残らないことが多いので、10分間で、ミシンの縫える段取りを付けて練習して片づけ…となると練習なんか1本縫えるかどうか…だ。

と云うことで、そういうことも理由にズルズルと引き延ばしていた。

だが、OJT担当したKさんに土曜の終礼時に呼び出される。
「ミシンどうするの?」と。

正直な所やりたくない。
だけど、やらなければ昇進は出来ない。
そもそもやった所で、昇進させてくれるとも限らない(爆)ので、もうやらないままでお願いします…と断言すれば楽になる。

だけども…ここで断念すると…負け犬な気がする…。
いや別に負け犬でもいいと思うんだよ、自分の中で。
だけど、頑張って見てやっぱりダメだったらその時はごめんなさいしよう…何とか頑張れるのであれば頑張った方が仕事の幅も広がるのは確かだ。
なので、勢いに任せてKさんに「が…頑張ります…・゚・(ノД`)・゚・」と宣言しちゃったよー(苦笑)

で次に衝撃のひと言を聞かされる。

「OJT含めてデビューまで6時間だから、10月上旬にはカットフォローは少なくとも出来るようにやってください」って。

Σ(゚口゚;
OJT含めて?
だってOJTって2時間ぐらい使っているよ?
ってことは残り4時間ぐらいしか練習出来ないじゃん!

去年OJTを受けた人たちはOJTの後、10時間練習時間を貰っていたので、自分の出勤日じゃないお休みの日に出勤して1時間ぐらい練習していったりしていたのに、4時間と6時間の差はでかすぎる(苦笑)

と、宣言したことを宣言後の10秒後に後悔した(爆)


土日祝日は忙しいので練習はしない。
平日、退勤するまでの15分で練習をする。
練習したら必ず誰かにチェックして貰うようにする。

ミシンになれるまではまだいいけど、その後補正デビューになった時、絶対フォローが必要だから、職場のみなさん助けてください〜。

そもそも4時間練習して自分、本当にデビュー出来るのだろうか…

もの凄い不安だ…(苦笑)

16:07 カテゴリー:82's



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930