Bridgestone series kartting routing 2012 eastern region Rd.3 その2

2012年 5月22日

予選。

D将君には勝つには…
一か八かの勝負に出てみた。

淡々と…

最終コーナーを回って…

一発でスタートが決まりそう…

振られた〜!

1コーナー。

2コーナーを回り3コーナーに向かう所でイン側に頭を突っ込み

3コーナーの入り口で完全にインを獲る。

やった!

D将君の前に出た!

ヨッシャー!

と思ったのは一瞬で(爆)3コーナーの半ばでアウトに膨れてしまい、そこをすかさずD将君に差し替えされた…。

4コーナーはD将君は凄く巧い。
離れはしなかったものの、差を縮めることが出来ない。
6コーナーでは1台分まではまだ開いていなかったのだが…

最終コーナーを回った時、T大君が真後ろまで迫ってきていたが、D将君との差は開いていった…。

D将君とのバトルは、オープニングラップの1周のみ…。

そこからは走る度に差を広げられると云うレース展開だった。

レース前半は、T大君に抜かされる程ではないが、安全と云える程差を広げることも出来なかったのだが、

レース後半には、これぐらいの差が。
もう普通に練習走行しているような間隔が開き、淡々としたレース展開だった。

余裕で、D将君、トップでチェッカー。

淡々と2位でチェッカーを受けたRayであった…。

決勝で、どうにか出来ないものか…。
時間は結構空いているので、その間、私はコース裏のピットを左から右へと何度走ったことか(爆)

出来ることをやってみよう…とドッカンドッカン(爆)とセッティングの変更を行った。

さて、決勝はどうなるか。


その3へ続く。

23:38 カテゴリー:kart's Diary



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2020年7月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031