ハラハラドキドキ

2011年 1月20日

毎年この時期は、ハラハラドキドキしている時期だ。
何にハラハラドキドキしているのか…それはSUPER GTの体制発表が何時行われるのか、今年もAUTECHがスポンサーでいてくれているのか…と云うことだ。

この不況の煽りをモロ受け、GT500では1WORKS、5台体制…と云うのが無理になり、それが先ずNISMOの2台体制が1台になって、更にHASEMIが300へ。
2010年度は3台のGT-Rで頑張って走った。
その上、タイヤのメーカーも3台が全てバラバラ。
BSがF1から撤退した…と云うのでかなりスポンサードが辛いのか…と思わざるを得なく、その煽りもGTでも受けているのかも…と私は、23号がBSからミシュランに変更になった時に感じていた。

去年のNISMO Fes.のフィナーレで、柿本総監督が今年はGT-Rを4台体制で…と云う話をしていたのだが、それがどうやら本当らしく、車雑誌にもそのような記事が既に出た…と云うのをAOG内で知った。

唯、問題はどのチームなのか…

記事を読んだマイフレさんの話では、やはりNISMOが2台体制になるのでは…と云う話だったが、そうなると22号が復活か! と。

いや、復活は凄い嬉しい。

私が真剣に見始めていた頃から既にNISMOは22号と23号の2台体制だったので、勿論2台体制と云うのは嬉しいのだが、22号が復活するとなるとメインスポンサーは何になるのかなぁ…と云う考えが巡ってくる。

2008年まで2台体制だった当時、xanavi NISMOとMOTUL AUTECHの2台体制だったが、その時既にxanaviは会社そのものがなくなっていて、名前だけ残して走っていたので、1台体制になってしまった2009年度から、NISMOの23号がMOTUL AUTECHになった…と云う流れ。

今年また2台体制復活となった時、もう1台(22号?)のメインスポンサーがどこなのか、我が家にとってはもの凄い重要だ。
だって、毎年GTの体制発表と同時に、カートのカウルのカラーリングもその年のデザインをレプリカして作っているため、もしAUTECHが22号になっちゃったら、少なくとも中井のレースは22番を付けて走ることが出来ないからだ。

BSシリーズは去年からゼッケンは詰めて付けるようになってしまったので、自分の好きな番号を取ることが出来ない。
ラーは元々好きな番号を付けられるため、23番でも22番でもどちらでも可能だろう。

中井は卒業していくドライバーの空きゼッケンを受け継いで行くので、家が手放した22番は既に別のドライバーが付けている。

まぁ大したことじゃないじゃない…と云われればそれまでだが(苦笑)そういう拘りを持って5年目に突入しているので、そこだけはやはり妥協は出来ないのね…。
それとプロの意地って云うのかしら(爆)
カウルのデザインを綺麗に作ってくれるショップは当然あって、そういう所で作って貰っているカウルは見栄えもするけど、家は親が齷齪夜なべ(笑)して作るのがまた楽しい作業でもあり、グラフィックデザイナーだった自分の意地とでも云うのか…レプリカに作れて当然! と云う気持ちがあるため、MOTUL AUTECHが22号になってしまった時、中井だけは23号のままで出るしかないな…と。

体制発表は多分今年も2月10日前後だろうから、後20日前後悶々としなければならないのだろうけど…(苦笑)

話を戻すが、既に23号の1stドライバーである本山王子がインパルのドライバーになる…と云う噂が飛び交っている。
長年赤のレーシングスーツを着続けていた本山のイメージはすっかり赤に定着しているため、今年それが青になるって云うのがちょっと想像出来ない。
でも数年前に、次生が赤から青に変わり、その時も同様に「次生の青って想像が出来ない」って云っていたのに、今では違和感を感じないから、慣れるもんなんだね…。

さて、4台体制になった時の一番の重要ポイントはそのドライバーだ。

既に、マイケルと荒がFIA-GTに参戦しているため、この2人が戻ってGT500で走るとは思えない。
特にマイケルはドイツ人と云うこともあり、ヨーロッパでのレースは肌に馴染んでいる風に私は思えるし、去年の戦績は決して悪くない。
本格的にFIA-GTに参戦した最初の年(2009年度はテスト的な参戦)で、あそこまでGT-Rのポテンシャルを引き上げられた…と云うことを証明してくれたので、マイケルがGTに戻ってくることは、今年は先ずない。
荒の所はマシントラブルが多かったが、荒そのものがレースが始まるギリギリ前にドライバーとして決まった状態で、1年間走ってきたマイケルとは経験値が違う。
そのことも踏まえると、今年はそこそこいいとこまで行ける…と思えるし、この2人は動かないだろう。

噂では、300に移動した一樹が500に戻ってくる…と云う話も出ているらしく、そうするとNISMOの2台の内のどちらかのドライバーになるのか? と思ったり、本山がインパルに行き、次生を23号に移動。インパルに一樹を入れ、ロニーを22号のドライバーに…なんてことも可能性はなくもない。

どちらにしても1台GT-Rが増えるのだから、2人のドライバーが必要で、NISMOの契約ドライバーである藤井君は既に自身のブログで、S耐にフル参戦すると云うことを発表したし、GTも多分走れる…と書いてあったけど、フル参戦でGTで…と云う可能性は低そう…。

後、NISMOで契約しているドライバーって誰が居るっけ?
正美さん?

うーん…分からん…

悶々とする〜。

速く発表して欲しいよぅ。

国光の所は正月明け早々に発表しているんだし、勿体ぶらず(爆)に、GT-Rもとっとと発表してよ〜・゚・(ノД`)・゚・

9:25 カテゴリー:Car's Diary, kart's Diary


コメント(1)
  1. 2011年1月20日 13:51 82 Says:

    車関係の雑誌によると、4台目のGT-RはMOLAが濃厚って話。
    となると、ゼッケンは46番かな?(笑)
    11はクラフト移籍、チームメイトはクートだそう。
    ルマンからビルドハイムが移籍とかって話らしいけど、どこまで本当なんだろうか。
    後、一貴がレクサス参戦って…。
    何だか凄いことになりそう…。


(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2019年7月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031