フォーミュランド・ラー飯能-Lesson 28

2010年 1月31日

2009年11月16日ぶりのラー(笑)

中央道の渋滞を考え、家を6時に出る予定だったのが、前日Kayが中々寝なくてちょっと寝坊。
Rayに起こされた時間が5時35分。
自分で目覚ましを止めてから20分経っていた(苦笑)

この時期のラーは朝の時間、氷点下になっていることも多く、路面も凍結している部分も多いので、8時半〜9時半の1時間の枠はどうせ滑ってろくろく走れたもんでもないので、今回はその時間をカートの整備に充てることにした。

前回の松田のプレレースでの走りを見て、エンジンがどうこうではないカートのどこかに問題があるのか? と云う小さな疑問を抱いたので、早朝走行時間を点検することにしよう…と。

それと、ハンドルとシートの位置が狭まってきて、腕が伸びていないので、どうしてもコーナーでハンドルをガバッと切りすぎ、コーナー中盤でカウンターを充てて修正する走りをしていたので、思い切ってシート位置を後ろへずらして腕をもう少し伸ばせるようにしようと、その作業を一番最初にして、走行時間に走りを確認。
更にフロントフレームが歪んでいないかの確認もする予定で居た。

結局、家を出たのが6時20分頃。
中央道の渋滞はなかったが、中央に乗る手前の下道は結構渋滞気味(苦笑)
それでも8時10分過ぎにはラーへ到着。
丁度門が開いた後だった様子。
唯、門の手前の坂の途中で、耐久レースで同じチームだったHLT君の所が、あの急な上り坂をカートを押しながら上っている所だった。
何でも初めてのラー走行なので、気合いを入れて早目に出発したらかなり早い時間に到着してしまい、待っている時間でカートの整備をしていたら、門が開いちゃって、面倒だからそのままカートを運んでしまおうと…と後から聞いた(笑)
いや、あの上り坂は普通に歩くだけでもしんどいですよ(笑)

しかし、予想はしていたけど寒い!

異様に寒い!

Zippoのカイロを持って行っていたけど寒い!!!

手袋をしていても指先がちんちんして痛いぐらいだ。
この時期、走っていると指先の感覚がなくなるんだよねぇ…。

8時半から走行開始したドライバーたちも、暫くすると指先が痛くてピットインして暖めている光景をあちこちで目にした。

家はシートを外しどの位置にシートを固定するかを考え、ドリルで穴を開けて装着。
外して作業したウエイトも戻しシート位置の移動は終了。

9時半からの走行予定だったが、気が付いたらその時間を押していて、走り始めたのが9時50分頃。
10分走れるかどうかで最初の枠は終わってしまった(苦笑)

もっと腕が真っ直ぐ伸びるかな…と思っていたがそれ程でもなかったな…。
走りはまあまあいいのでは…。
妖怪アンテナ(笑)は遠くからでもハンドルの動きを確認出来るのでピットから奧側に当たる4コーナーの辺りを見ていたが、今までよりもハンドルの動く角度が少なくなっているのが見て分かった。

ハンドルの高さも真ん中だったのを一番上に移動してみたが、最終的には元の真ん中の位置に戻すことにした。

まだコース左側半分が完全に日陰と云うのもあって、このスティントのベストは39秒520。

次のセッションは最終コーナーの辺りはまだ日陰のものの、コースの大半は日向になり走りやすくなった。
ベストは38秒596。

2スティントの途中で、HLT君の所はサッカーが午後からあるので…と帰宅。


この日はHLT君もそうだが、ラーの走行が初めてと云うドライバーが多く、xanavi号のK平君、MST君、SK君と新しいドライバーが続々とラーでも練習をするようになった。
こうやってラーのキッズ走行が活気づいているのはいいことだ。

思えば3年前弱、Kほちゃん以外キッズで走っている子は居なかったラーでも、今ではレースも行うようになったんだもんね。
懐かしい(笑)

K平君はストレートの伸びが良く、コーナーで距離を縮めても、ストレートで開く。
Rayが前を走っていても、ホームストレートから1コーナーを過ぎた辺りで一気にRayとの間隔がグンと縮んでいた。

だが、その絶好調のエンジンが、焼けてしまった(苦笑)

この日はこのエンジンしか持って来ていなかったらしく、折角練習に来たのに、最後のスティントは走らず帰ると云うので、家の予備の青エンジンをレンタルすることに。

唯、この青エンジン、焼いてから調子が悪く色々なエンジンをバラして色々組み合わせたのだが今イチ良くないエンジンで(苦笑)
組むだけ組んで回していないので、凄い遅いエンジンだけど…と云う前置きで貸し出したのだが、思っていたよりは悪くない感じだった。

それでもK平君のエンジンに比べれば1秒落ちだけどね(爆)


3スティント目と4スティント目はフロントを11丁に変更して9丁との違いを見てみることに。

kahoyuirisaさんのブログでも最近Kほちゃんが11丁を付けてテスト走行?(笑)していたのだが、果たしてラーの様なストレートの長いコースで11丁はどんなもんなのか…。
それも今回の走行の目的のひとつでもあった。

kahoyuirisaさんの見聞では、ラーのコースで考えると9丁に比べればコーナーの立ち上がりが悪くなるかもしれないが、トータル的に見ると9丁よりも11丁の方がいいのではないか…と云う話だった。

実際、Rayに走らせてみると周囲のノーマル仕様のドライバーに比べてもタイムはいい。
まぁこの時期は時間がお昼に近づくにつれコンディションはどんどん良くなるので、同じようなタイムで走るノーマル仕様のカートとRayとを一緒に走らせて比較している訳ではないので、一慨には云えないのかもしれないが、感触としては11丁はいい、と私も感じた。

最終的には36秒505まで伸びた。

この日、午前中仕事のkahoyuirisaさんだが、無理にお願いをして、Rayの走りを見て貰うことした。

トランポでやってきたkahoyuirisaさん。
助手席に目をやると、アレ? 影がデカイ(爆)んですけど(爆)

車から降りてきたのは、何とかいまおさんでした(笑)

その後kahoyuirisaさんのカートのメンテをすることになっていたようで(笑)

自分ではRayの走りに何が問題なのか分からないので、見て貰ってアドバイスを貰うことにしたのだが、トランポには当然KほちゃんのCRGが乗っているので、午後、レンタル枠で1本KほちゃんのCRGで走らせて貰うことにした。

RayにもCRGとアミゴンの違いをより一層分かって貰った上で、自分の走りの何がどうなのか…と云うきっかけにでもなればな…と。

と云うことで、CRGをお借りします(笑)

実はカーターなSKパパも初めてのラーで、レンタルで走ってみることに。

ってことで、RayとSKパパの2台、ガチンコ勝負っす(爆)

当然、SKパパの方が速い(笑)

でもジリジリとRayに近づいて来て、真後ろに(笑)

最後はテールトゥノーズ状態でチェッカーを受ける(笑)

走り終わったSKパパは「いやー、しんどいっす」と笑っていた(笑)

Rayの相手をしてくれてありがとうございました(笑)


kahoyuirisaさんとかいまおさんも暫く作業をしていたのだけど、気が付けば家が一番居残り組に(爆)

何だかRayパパを思い出すなぁ(笑)

明日が日曜と云うこともあり、急いで帰宅する必要もないので、この際だから…と、カートを少しバラしてあちこち見てみることにした。

ブレーキ回りがちょっと違和感があったのでその部分を修正。

これで改善されるといいんだけど…。

後はRayの走りに問題があるとしか…(苦笑)

一先ずこのセッティングで今度走らせてみてまた微調整してみよう。

本日のベスト
38秒596(9丁)
36秒505(11丁)
37秒034(CRG 11丁)


そう云えば…
今年は例年より花粉が少ないってことで、タウロミンを飲んでいかなかったのだが、ラーに居る間中、ずーっと鼻ばかりかんでいた(苦笑)
やっぱり花粉か?(苦笑)

22:51 カテゴリー:kart's Diary


コメント(2)
  1. 2010年2月1日 20:34 kahoyuirisa Says:

    コンディションの多少の差はあったとはいえ、あの仕様で36秒ほとんど入っていたようなタイムを出せるのはさすがですぜ(笑)
    う〜ちのはホント話にならんなぁ〜と(爆死)

    後は、塵も積もれば方で煮詰めていきましょう〜。

  2. 2010年2月1日 20:56 82 Says:

    >kahoyuirisaさん
    原因がブレーキであって欲しいですね。
    今度の走行でそうだったよ〜って報告出来るといいのですが(苦笑)
    後はやっぱり煮詰めるしかないですねぇ…。
    周りは強豪ばかりですから、気を引き締めて行かなければ…。


(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2019年8月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031