2008年 6月23日

4月から3本の傘をダメにした。

マンション内のママ友から「1年の時は兎に角直ぐに傘を壊すから安いので充分だよ」と聞いていたが、4月、入学して早々の台風並の暴風雨で骨を折り、その後も暫く雨続きだったので、2本目も結構早くダメにした。

3本目は傘の扱いにも大分慣れてきたから持つかな…と思っていたが、Rayが云うにはクラスの男の子に骨を折られたと云うのだが、恐らく自分で曲がった骨を弄っていて折れそうになっていたのを、友達が触って完全に折れた…ぐらいのことではないか…と(苦笑)

傘ってこんなに簡単にダメになるものなのか…と初めて知った。

自分の傘なんて何年使っていることか…(苦笑)

ダンナも結構直ぐに穴が空いたとか、なくしたとかで買い換えたりしているので、高い傘を与えたくない(爆)
大体、ダンナの場合は75cmと云う特殊サイズを好むため、その辺りのホームセンターでは売ってないんだよねぇ…(苦笑)

今日の予報では昼間も雨になるだろう…と云うことだったので、Rayには折れた状態の傘を持たせた。

だって予備で傘を買う人ってそんなに居ないでしょ(苦笑)
特に子供の傘なんて、成長と友にサイズも変わってくるんだし(苦笑)

そしたらエントランスからインターフォンが鳴り、KJさんが
「Ray君が折れた傘がイヤだって話しているんだけど、予備の傘はある?」
と。

折れた傘を使わせるのは正直みっともない(苦笑)
でも、買って直ぐにダメにされるので、ちょっとは気を遣って使う努力をさせたいと云う気持ちがあったため、近い内に新しい傘は買うから今日はこれで我慢して、雨が降るかどうかも未だ分からないから…と送り出したのだけど、学校に行く前、もうグズグズで(苦笑)

荷物が重いだ、傘は骨が1本折れているだ…(苦笑)

文句ばっかり(苦笑)

だったら傘の骨を折ったり曲げないように使うように自分で努力してみろよ、と。

結局、その朝の対応でふて腐れたのか、帰ってきた時には傘の柄の部分までまっぷたつに折れていた(爆)

傘の柄の部分をどうやったらまっぷたつに折れるのか見せて欲しいぐらいだ。

者を大切に扱えないのか…と思うと、ホント100円のビニール傘でオマエには充分だよ…と思うのだが、100円のビニ傘だとワンタッチでないので、開閉がまだRayには出来ないのだ(苦笑)

傘だって最安を差がしても500円が限度。

今日の傘で4本目。
既に2000円以上は使っている(苦笑)

今度傘わ壊したら自分の小遣いで傘わ買わせようかしら…(苦笑)

17:13 カテゴリー:Nursery's Diary



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2020年7月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031