In Design CCでPDFに

2014年 6月30日

今年に入ってPTA役員をすることになり、レポートを作る機会が増えた。
4月から5月末までは、今年度の会報制作のためにずっとIllustratorを使っていた。
だが、年の初号は、職員紹介号なので、A3両面刷り(A4の4ページ)なので、表1-表4、表2-表3の2つのドキュメントを作って、それにトンボを付けて印刷会社にデータ入稿をした。
その後もページ数があるレポート作ることがあり、流石に10ページ近いものをIllustratorで作るのはかなりしんどい。
以前だったら、ページ毎にレイヤーを作り、例えば10ページものだったら10レイヤーは最低限作ると云う、正直余りスマートじゃない方法で作っていたのだが、それだと、いちいちプリントするレイヤー以外を非表示にしたりするため、かなり面倒だった。
そういうこともあり、In Designを導入したのだが、In Designを導入する時、序でだったので、PhotoshopとIllustratorもIn Design同様にバージョンをCCにアップデートしてしまった。
Photoshopはまぁそんなに不自由することはないのだが、問題はIn DesignとIllustratorだった。

と云うのも、今まではIllustratorで作って、それをPDFに別名保存して、担当役員さんにメール添付で送ってプリントして貰ったりしていた。
それでフォントの文字化けやフォントで不具合が起きたこともなかったのだが、In Design CCで数ページ作ったデータを、今まで同様に別名保存でPDF保存し、添付して渡したら、開けなかったり、開けても一部だけ、後は文字化けしたり…と兎に角ドキュメントそのものが壊れているような状態で開けないと云う事態に陥った。
こちらはMac環境で、相手はほぼWin環境なので、Winでも問題無く開くことが出来るPDFにわざわざ変換しているのに、こういう事態に陥ってしまったので、プリントするまで行き着かない(苦笑)

ダンナがプリントを選択し、プリントダイアログを出したら、左下にPDFを保存があるから、そこでPDFにしないとフォントの埋め込みは出来ないって云うのでやってみたけど、In Design CCはそれに対応してないってダイアログが出て出来ず(苦笑)
同様な不具合を経験している知り合いがいたので、色々と聞いてみたら、どうもCCの問題のようだ、と云うことが分かった。

ようは多分バグだと思うのだが、先週アップデートがあったけど、それでは改善されておらず。

仕方がないので、In Designから別名保存でPDFしたデータを、Illustratorで開き、全てアウトライン化にしたものを、今一度Illustrator上からPDFに別名保存したものの、それをWin環境の委員さんに添付したけど、やっぱり「データが破損しています」みたいなログが出て開けなかったと連絡が(苦笑)

これはCCが問題なのかも…と思い、わざわざIllustrator CS4を開き、そこからPDFを呼び込んで、アウトライン化→PDF化してみたが、やはり同様な状況に(苦笑)

恐らく、大元のデータがIn Design CCで作ってしまったから、CCのプラットフォームで何か悪さしているものがあるのではないか…と(苦笑)

結局、この問題を現状解決することが出来ないので、我が家でプリントして、アウトプットしたものを委員さんに渡す羽目になった…(苦笑)

In Design CCで作ったデータをPDF化するのに、もしや…と最後にもう一度試させて、と委員さんにお願いして書き出しで、X1のPDFにて書き出し添付したが、案の定ダメだった。

これを解決する方法はないものか…(苦笑)

0:41 カテゴリー:Macintosh's Diary



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2018年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930