模試の結果が怖い…

2013年 11月30日

受験まで60日ぐらい…
怖い…
そう考えるとこんなにのんびりモードでいいんだろうかって思うぐらい怖い。

流石にRayもPS3で遊ぶと云うことはしなくなったけど、毎日朝ご飯を食べながらYouTubeを見ているし、緊迫感がないなぁ…
時間がある時は、塾や学校の宿題の他に、兎に角漢字が弱いので、漢字を書くだけ書け! とやらせているけど、それを自らやってくれればいいんだけど、中々ね…(苦笑)
でもまぁ本人はそれでも絶対に合格して、入りたい学校に通うんだって話しているので、それに向けてガンバレって感じ。
受験までの日めくりカレンダーでも付くって緊迫感を漂わせようか…とちょっと考えたりも…

後期に入って、そろそろ受験までカウントダウンに入りつつ、怒濤のように模試が続いている。

3回前の模試の結果はとても良くて、B判定だったけど、前々回の結果が出てきて、D判定。
えーーーってぐらい悪くて吃驚した。

その時の模試の問題は全体的に兎に角難しかったようで、塾で常に上位に居る子たちも、みんな結果が悪かったようだ。
でも、その中でもその模試を受けた子供2000人弱の中で1位を獲った子は勿論居る訳だからね…もっと気を引き締めないと。

先生は、模試の結果はきにすることはないって確りフォローを入れてくれている。
反対に模試の結果でどこがダメだったのかが分かる。
その苦手部分を確り克服して、次に似たような問題が出た時、必ず正解になる方が大事だから、確り復習しないと、と云う話だった。
だけど、Rayは復習が苦手。
過去の問題を何度も何度もやれって云っているけど、あまりやらない。
同じものばかりやるとその問題に慣れちゃって、答が分かるって云うのも一理あるんだけどね…。

それと、Rayが受験予定の学校は、まだ中学が併設されて2年しか経ってないので、過去問題が実質2回しかない…と云うのもネックと云えばネックなのだ。

で、前回の模試は、熱で朦朧としながら受けたので、到底結果は良くないだろう…と私は踏んでいたし、あまり期待もしていなかった。

まだ答案用紙は戻って来てないのだけど、結果だけ昨日の塾で先生が教えてくれたようで、それをRayから聞いたけど、適性検査2の偏差値は58。
3は平均的。
だけど、適性検査1はボロボロだったそうだ…。
1は文章やデータの内容を分析して理解出来るか…と云うような問題。
2は自然科学的な問題や数理的な問題を分析考察する力や、解決に向けて思考、判断し、的確に表現する力を見る問題。
3は図や表・データなどで表された情報を読み解き、そこから得られる情報を理解する津からを見る問題。

あんなに作文がダメだったRayは、塾の男子の中ではかなり作文の成績は良いみたいだ。
今回も、作文でかなりの高得点を出しているので、そのお陰で偏差値が58。
みんなが苦手としている部分で高得点が取れるのは大きい。
内申点が良くないので、適性検査で点数を獲らないと合格出来ない。

後は、苦手な1でもっと点数が取れるようになれば、もっと安心出来るんだけどね。

後60日。
それで克服出来るか否か。

春に、詰め襟で通学するのか、ジャージで通学するのか(爆)

これから本腰入れて頑張らないとだな〜

9:33 カテゴリー:Nursery's Diary



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2019年8月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031