雪の中の運転

2010年 2月2日


関東の雪質は水気が多くパウダースノウにはならないので、運転が怖い。
アイスバーンに直ぐなるので、滑りやすいし止まるにしても制動距離が一気に延びる。

と云う訳で、今まで雪の時はダンナが運転してきたのだが、昨夜はチャリで駅から戻ってこられるようなレベルではないので、駅まで迎えにいった。

ダンナの会社は現在千葉にあり、会社を出た時電話をかけてきたが「どうせ道路は直ぐ溶けて雨の時と変わらないから」と云っていたが、家の庭から道路は見えないので、辺り一面真っ白になった庭を見ながら『ホントかよ…』と思いつつ、時間が来たので迎えに行くことにした。

普段なら起きている時は余程の悪天候でなければKayも連れて行くのだが、今回はもし私の運転で事故にでも遭ったりしたら(爆)と思って置いていった。
幸いにもミルク中だったし、近所なので大丈夫だろう…と。

で、エントランスを出て吃驚。

道路、完全に真っ白なんデスけど…。
アスファルトが見えない所か、5cm以上積もっているんデスけど…。

ダンナに即座に『無理ー』とメール。

と云うのも、駅が上り坂の先にある陸橋の所にあるので、ダンナを迎えに行くには上り坂を上らなければならない。

今までは4WDでパワーもあったけど、エルグHPSはパワーはあるけど(←ある意味別の意味で…)2WDだし、挙げ句にカートの荷物がリヤ側にドッシリと積んである状態なので、マジでビビリですよ…(苦笑)

第一、駐車場に着いて唖然。

ワイパーを立ててなかったからドッサリ10cm以上積もっているし、ワイパーが動かない…(苦笑)
持ってきた傘を使ってフロントウィンドの雪を掻き、やっとの思いでウォッシャーを出してワイパーを動かす。

そこまで既に5分。

まぁどうせ遅延しているだろうし、兎に角事故に遭わないように運転することが大事…と駐車場を出る時も少しずつアクセルを踏むけど、全く進まず(爆)

雪、積もりすぎだろ…(苦笑)

のろのろと動き出してやっと駐車場を出たのに、先に横切ったタクシーが、対向車側を走って来たMarchと接触しそうになって叫んでいた。

つーかさ、スリックタイヤのままで良くこんな状況の中、運転するよね、Marchよ…(苦笑)
しかも運転は若い女の子。

きっとダンナさんを迎えに行こうとしていたんだろうけど、スタッドレス履いてないんだったらせめてチェーン巻こうよ。
ちょっと雪道舐めてるよ…(苦笑)

そいつらのせいで道路を塞がれて、兎に角タクシーを動かして貰い通行。

家の前の道路はあまり車通りが多くなくてこの状態って云うのは分からんでもない。
でも幹線道路に出れば運転し易いだろう…雪もここまでないだろう…と思っていたけど、普通に雪がドッサリあるんデスけど…_| ̄|○

と云うことで、20kmぐらいのスピードでのろのろと運転していたら、ダンナから電話。

ハンズフリーなんだけど、電話応答のボタンを押すのも煩わしいって思う程、運転に集中したいんだけど…(苦笑)

まだやっと半分程度。
でも何とか運転出来そう、とゆっくり運転して向かっていることを告げ駅へと向かった。

流石にタクシーが多く走っていただけあり、駅手前の上り坂には轍が出来ていて、何とか普通に運転出来たから良かったけど、明日、これが凍ってアイスバーンになっていると滑るから怖い。


と思っていたけど道路は完全に雪が残っていない状態だった。
ビチョビチョ…

所詮関東の雪なんてこんなもんよね…(丶´,_ゝ`)

8:27 カテゴリー:Car's Diary



(必須・公開されません)


Your Comment:

 
2019年10月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031